人気占い師・ゲッターズ飯田が語る!人間関係の悩み解決法

ゲッターズ飯田の縁のつかみ方 ゲッターズ飯田著
ゲッターズ飯田の縁のつかみ方 ゲッターズ飯田著
写真を見る

 占いというと、ついつい、当たるとか当たらないとか、信じるとか信じないとかという話になりがちだ。しかし、占い師から聞けるのは運勢の話だけではない。

 著者のゲッターズ飯田は元芸人、現在放送作家と兼業という異色の占い師だ。TVにもよく出ているので、見たことがあるかもしれない。本書内でも、イラストとして頻出する赤いマスクをつけた彼の姿は、少々うさんくさい。

 しかし、彼が占いをしているところを目にすると、印象はガラリと変わる。TVに出てくる占い師にありがちなコケおどし的なところはなく、占い師というより「解説者」といったたたずまいである。

 そんな著者が説く「縁のつかみ方」は、占い師とは対局にある、懐疑的とさえ言っていいような口調で語られていく。これまで5万人以上の運勢を見てきたという著者が、出会った人たちの相談などから導き出した人間関係の悩み解決法だ。

 たとえば、「なぜ、あの人とうまくいかないのか」というよくある悩みに対して、著者はこのように言う。

 「そもそも、『うまくいっている、うまくいっていない』という判断は、その人が勝手にしていることですよね。(中略)人間関係に悩む人というのは、自分の気持ちを主張しているだけです」

 そういう自分の感じ方しか見ていない人は、「私の気持ちをわかってほしい」という自分の欲求しか頭にない、と著者は突き放すように言う。

 そんな「悩む人」が陥りがちな思考を、「大人の『人見知り』はウソ!」などとあぶり出すことで、悩みにとらわれないようにする、というのが著者の作戦。その上で、「幽体離脱のワザを身につける」「笑いの力を借りて、壁を壊してみよう」というような具体的な悩み脱出法が語られる。

 こうしたアドバイスを読んでいると、「悩む人」というのは、具体的な人間関係で困っているというよりは、ある思考のパターンにハマっているのだとわかる。もし、いまなにかに悩んでいるのなら、本書を読むことでそうした自分の現状、思考パターンに気づくことができるのではないだろうか。


出版社:朝日新聞出版
書名:ゲッターズ飯田の縁のつかみ方
著者名:ゲッターズ飯田
定価(税込):1,080円
税別価格:1,000円
リンク先:http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18590


西日本新聞 読書案内編集部

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]