大人気・林先生に聞く!仕事嫌いの人間はどのように仕事に向かえばよいですか?

林修の仕事原論 林修著
林修の仕事原論 林修著
写真を見る

 著者の林修は、「今でしょ!」で有名になった、あの人である。本人曰く、「無意識に」言い放ったこのひと言が芸人のネタ的に扱われ、流行語となった。その後、TVにひっぱりだことなり、現在はクイズ番組の出題者、MCなど、さまざまなテレビ番組に出演している。もともとは、そして現在も、予備校で東大受験コースなどを指導する人気講師だ。

 そんな著者に、「仕事原論」、主に仕事観について語ってもらっているのが本書である。仕事をしている現役ビジネスマンのみならず、これから就職活動をするような学生にもぴったりだろう。

 少し意外だったのは、著者が清水幾太郎に言及するところから論をはじめているところである。清水幾太郎は硬派な論客だ。メディアに頻出し、くだけた発言も多い著者とはイメージが合わない気がしたが、現代文の講師である著者は、講師の「仕事」の中でふれる機会が多いそうだ。

 本書で述べられている仕事観は、きわめて直球だ。たとえば、よく言われる「努力は必ず報われる」を、著者はこのようにリライトする。

 「正しい場所で、正しい方向で、十分な量をなされた努力は報われる」

 ストレートな噛み砕き方で、このわかりやすさが長年、予備校講師として人気を保っている秘訣にちがいない。そういう意味で、著者の講師としての仕事ぶりが垣間見える内容となっている。

 だがいっぽう、著者自身は講師の仕事が「(大)嫌い」で、おまけに「人間嫌い」であるという。そういう著者がどうやって現在の地位を築いたかが、「交換可能性」といった用語を交えながら語られている。

 ほかに、「自分の仕事のどこにプライドを見出すか?」など、「今の仕事が順調にいっていない」と感じている大人が基本を見直すのにも、本書は最適だ。


出版社:青春出版社
書名:林修の仕事原論
著者名:林修
定価(税込):886円
税別価格:820円
リンク先:http://www.seishun.co.jp/book/17957/


西日本新聞 読書案内編集部

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]