ホークスファンタブレット

爪を思わず見せびらかしたくなる!予約のとれないサロンの美爪育成メソッド

飾る爪から きれいな自爪へ 育爪のススメ 嶋田美津惠著
飾る爪から きれいな自爪へ 育爪のススメ 嶋田美津惠著
写真を見る

 昔から「おしゃれは足元から」などというが、最近は「おしゃれは指先から」を実感している女性も多いのではなかろうか。実際、デキるキャリアウーマンが最も気を遣うのは「爪」だという。書類の内容などを顧客に説明する際、相手の視界に自分の指先が必ず入るからだ。「でも、ネイルサロンに頻繁に通う余裕はないし、そもそも爪の形が悪いし……」とお悩みのあなたにぴったりなのが、本書で紹介されている「育爪(いくづめ)」メソッド。東京・自由が丘、大阪・梅田で「人気すぎて予約のとれないネイルサロン」を経営する嶋田美津惠氏の発見した、自宅でできる画期的な美爪育成法だ。

 ごてごてと飾り立てるのではなく、爪本来の美しさを引き出すためのコツは、まず「爪切りを使わないこと」。爪にやさしいファイル(爪専用の紙ヤスリ)を使って爪の形を丁寧に整のえ、オイルで保湿。そして爪に栄養を与えるため、十分な食事と睡眠をとるよう心がけることだ。テープをはがす時や引き戸を開ける時などに爪を傷つけないよう、指の腹や関節を使うのも重要だ。爪が生え変わるまで6ヶ月。このステップを続けるだけで、2週間もすればピンク色で立体的な美しい爪に近づいていることに衝撃を受けるはずだ、と著者は自信を持って断言する。

 それにしても、「ネイルサロンなのにサロンに通わなくて済む」方法を伝授しているのはなぜだろうか? 理由は、著者の経歴にある。かつて爪の手入れとカラーリングを行うネイルサロンを経営していた著者は、ある日突然「化学物質過敏症」を発症し、カラーリングができなくなってしまったのだ。原因は、ネイルカラーに含まれていた有機溶剤。激しい葛藤の末カラーリングを諦め、爪の手入れだけのサロンを続けることを決める。その経験が育爪メソッドを生んだのだ。「この本を通じて、私のような病気になる方を減らすことができたり、ジェルネイルやカラーリングができない人への選択肢が広がれば」という著者の言葉に、その想いが象徴されている。

 人目をひく爪を自分の力で育てる。それが、ネイルケアの新しいスタンダードになっていくのかもしれない。


出版社:マガジンハウス
書名:飾る爪から きれいな自爪へ 育爪のススメ
著者名:嶋田美津惠
定価(税込):1,620円
税別価格:1,500円
リンク先:http://magazineworld.jp/books/paper/2897/


西日本新聞 読書案内編集部

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]