熊田曜子、筋肉増でポーズに制限 産後もグラビア継続

 映画「ジェーン」のPRイベントに登場した熊田曜子=19日、東京都内
映画「ジェーン」のPRイベントに登場した熊田曜子=19日、東京都内
写真を見る

 本格西部劇映画「ジェーン」(22日公開)のPRイベントが東京都内で開かれ、グラビアアイドルの熊田曜子が、ウエスタン風の衣装で登場した。

 女優のナタリー・ポートマン演じるヒロインが、夫と子どもを守るために銃を取る物語。2人の娘の母である熊田は「私も母親なので、子どもや主人を守るために立ち向かう道を選ぶと思う。最初のシーンから感情移入しました」と語った。

 熊田は、出産後もグラビア活動を続けている。スタイルをキープする秘訣を問われると「一番は母乳育児。たくさんカロリーを消費するので、ジムに通うよりもシェイプアップにつながっています」と答えた。

 日々の子どもたちとの遊びや、世話もトレーニングの一環だというが、思わぬ悩みも。「“抱っこ筋”というか上腕二頭筋がマッチョになりすぎて、グラビア撮影の時に筋肉が目立たないポーズをするよう言われました」と苦笑する。

 熊田は家族の了解を得ながら、今後もグラビアを続ける意向。「こんなに理解のある旦那さんはいないと思っています。嫁が水着になるってどんな気持ちなんだろうな」とのろけた。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]