事故仕組まれ加害者に 駐車場でバック死角から衝突 “保険金詐欺団”巧妙

写真を見る
保険金詐欺事件の現場になった駐車場=福岡県飯塚市
保険金詐欺事件の現場になった駐車場=福岡県飯塚市
写真を見る

 自動車を運転中に接触事故を起こしたら、誰でも慌ててしまう。それが犯罪グループによって巧妙に仕組まれた詐欺だとしたら-。特命取材班は、いつのまにか事故の「加害者」にされていたという福岡県の男性のケースをきっかけに、保険金詐欺の手口に迫った。

<関連>「もしかしたら私も」仕組まれた駐車場事故、記事に反響 ツイッターでも拡散

 ガツン-。同県飯塚市内の駐車場で60代男性が軽乗用車をバックさせ始めたところ、何かにぶつかったような鈍い音が響いた。2016年3月上旬のことだ。

 発車前にサイドミラー、バックミラーに何も映っていないのを確認したつもりだった。車外に出ると後方に、車体に多数の傷がある他県ナンバーの白いワゴン車があり、若い男3、4人が降りてきた。

 「膝打った」「おいちゃん、どしたん」「携帯のガラスが割れたけ」。男たちは声を荒らげなかったが、自分たちは「被害者」で、男性に責任があると心理的に追い込むような言葉を続け、警察に通報した。男性は相手にけがをさせてしまったと思い込み、なぜ事故に至ったのか、冷静に考えられなかったという。

 詐欺事件かもしれないと知らされたのは半年後。加入している損害保険会社からの電話だった。福岡県警の捜査で、男たちが後方からワゴン車を近づけ、事故を仕組んだ疑いが浮上。リーダーとみられる井上由吉被告(57)=詐欺罪で公判中=ら男9人が逮捕された。

 捜査関係者によると、9人のうち5人がワゴン車に乗車し、駐車場を周回。運転席から見えない「死角」が後方にできている車を探し、その車のバックランプが点灯すると、自車を近づけて故意に衝突させる手口だったという。

 取材班は現場になった駐車場に向かい、男性と同じ状況で車を止めてみた。両脇を別の車に挟まれていると、バックする際に左右とも後方に、死角ができることを確認した。

 男性は「事故が大ごとにならず、手出し金も自分の車の修理代のみ。むしろほっとしていた」と明かす。

      ■

 福岡県筑豊地区では13~16年に複数のグループによる保険金詐欺事件が続発。県警はこの1年間だけで計31人を詐欺容疑などで逮捕、書類送検した。

 井上被告らの一連の事件で支払われた保険金の総額は3906万円。関与した人数や件数を考えると、それほど巨額ではない。被害を受けた損保会社の担当者は言う。「自賠責保険の上限を超えて請求はしない。小口でコツコツ型だった」

 実際、この損保会社への保険金の請求額は、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の限度額内にほぼ収まっていた。自賠責保険は交通事故の被害者救済が目的。後遺症を伴わない傷害事故の場合、運転者1人当たり原則120万円が上限となっている。数千万円単位に上り審査が厳しい任意保険と違い、医師の診断書や交通事故証明書があれば速やかに支払うケースが多いという。

 「今回は休業損害証明書を出した会社から疑惑が浮かんだ。治療費や慰謝料だけの請求であれば、見抜けなかっただろう」と担当者。駐車場で事故を仕組まれたとされる男性のように、第三者を加害者に仕立てたケースは他にも数件確認されている。

 自動車保険金詐欺は全国で後を絶たない。警察白書によると、12年以降、摘発件数は毎年130件以上。被害金額は多い年で計5億円を上回る。

 事故調査に当たる県内の保険会社の担当者は「バック発進は運転席から死角ができやすく狙われやすい。運転時の映像を記録するドライブレコーダーを活用し、事故の当事者になったらスマートフォンで状況を撮影しておくことも有効だ」と話す。

=2018/01/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]