ホークスファンタブレット

国内3例目「連玉」出土 識者「クニあった可能性」 久留米・高三潴遺跡

福岡県久留米市の「高三潴遺跡」から出土した連玉
福岡県久留米市の「高三潴遺跡」から出土した連玉
写真を見る

 福岡県久留米市は16日、「高三潴遺跡」(同市三潴町高三潴)の弥生時代後期(1~2世紀)の甕棺(かめかん)墓から、小さな玉を蛇腹状に連結した装飾品「連玉(れんだま)」が出土したと発表した。国内3例目で最古級とみられるという。連玉は「伊都国」の王墓もしくは王族クラスの墓とみられる同県糸島市の2遺跡からしか発見されておらず、識者は「相当な権力者が存在していたと考えられる」としている。

 久留米市文化財保護課によると、2015年6月から10月にかけて発掘調査をした。連玉は直径4ミリの鉛ガラス製で計22点。表面は白色だが本来は緑色だったとみられる。長さが1・5ミリ程度のガラス玉を溶かして複数接着しており、糸島市の井原(いわら)鑓溝(やりみぞ)遺跡の甕棺墓で見つかったものと似ているという。高三潴遺跡の甕棺内には多量の赤色顔料やガラス小玉もあった。

 高三潴遺跡ではこれまでに、小銅鐸(どうたく)などの青銅器が見つかっており、有力者が存在していたと考えられていた。西谷正九州大名誉教授は「これまで連玉が見つかった平原遺跡(糸島市)は伊都国の王墓だというのが定説。伊都国ほどの規模ではないだろうが、三潴にもクニが存在していた可能性がある」と話している。

=2017/02/17付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]