西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

唯一無二の存在になりたい 5人組バンド「あいまいもこ」

あいまいもこの5人。左から"Q"taro、Riki、Aun、Yu、Sho!
あいまいもこの5人。左から"Q"taro、Riki、Aun、Yu、Sho!
写真を見る

 このバンドのジャンルは一体何なのか。福岡市を拠点に活動する男性5人組「あいまいもこ」が8月に初めて出したミニアルバム「モザイク」を聴くと、そんな疑問が浮かぶ。ポップな曲があればジャズ風もヘビーなロックも。まさに曖昧模糊(もこ)。彼らが方向性を定めきれていないのではなく、自分たちの引き出しからさまざまな音楽を前面に出した結果でもある。

 結成は2015年。福岡市内の音楽専門学校で出会ったボーカルのAun(アウン)(23)とギターのSho!(24)にドラムスのRiki(24)、ベースの“Q”taro(23)が加わり4人でスタート。その後、ギターのYu(21)が参加した。Sho!が抜けた時期もあったが、今年2月に復帰し、現在の編成になった。

 歌詞とメロディーはAun、アレンジは他のメンバーが担当する。歌謡曲からR&B、ジャズ、メタル…と親しんだ音楽の幅は広く、一つのジャンルにとどまらない演奏スタイルはバンド名に反映されている。

 彼らの多様性はライブでも発揮される。ライブハウスでは躍動感のある曲を、ライブバーならば落ち着いた曲調を中心にプログラムを組む。Aunは「僕らはいろんな音楽を出せる。だからライブのコンセプトによって当然変化します」と自信をみせる。

 4月に韓国・釜山でライブ、新譜はインディーズ音楽を手掛けるラッツパック・レコードからリリース。階段を一歩一歩順調に登る。「目標にしている人は?」と聞くと、「誰かを追ったところでその人以上にはなれない。目指すのは唯一無二の存在」。Aunは言い切った。

=2017/10/05付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]