カツオクジラの化石初確認 縄文時代に生息、大阪

 カツオクジラと確認された化石(左)と復元イメージ(大阪市立自然史博物館提供)
カツオクジラと確認された化石(左)と復元イメージ(大阪市立自然史博物館提供)
写真を見る

 大阪市で約50年前、地下工事中に見つかったクジラの骨の化石は、縄文時代に生息していたカツオクジラだったことが分かったと、大阪市立自然史博物館の田中嘉寛学芸員と樽野博幸外来研究員が9日までに海外の古生物学術誌に発表した。カツオクジラの化石発見は世界で初めてという。

 この化石は1976年、ミンククジラだと公表されたが、今回、再調査で判明した。

 田中学芸員は「大阪では他にもクジラの化石が見つかっており、太古の大阪湾でどんなクジラが泳いでいたのか明らかにしたい」としている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]