東証、午前終値は1万6987円 中国懸念後退で続伸

 19日午前の東京株式市場は、中国の経済指標が想定内の結果となったことから中国経済の下振れ懸念が後退し、日経平均株価(225種)は続伸した。一時、約1週間ぶりに1万7000円を回復した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]