税収、7年ぶり下方修正検討 16年度、企業業績低迷で

 政府は1日、約57兆6千億円とした2016年度の税収見積もりを下方修正する方向で検討に入った。年初からの円高進行による企業業績の低迷が響いて法人税収が低調なためで、引き下げ幅は数千億円規模となる見込み。年度途中で見積もりを減額するのはリーマン・ショックの余波が続いていた09年度以来、7年ぶりとなる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]