東証反落、87円安 1万8426円、過熱感を警戒

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。1日の終値が約11カ月ぶりに年初来高値を更新しており、相場の過熱感を警戒して利益を確定する売り注文が優勢になった。終値は前日比87円04銭安の1万8426円08銭だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]