▼値下げ

スウェーデン家具 イケアが福岡市に新規出店を検討

 スウェーデン家具大手イケアグループの日本法人「イケア・ジャパン」(千葉県船橋市)は27日、取扱商品8500品目のうち、1450品目を8月1日から値下げする、と発表した。値下げ幅は平均25%となる。1500円のサイドテーブルを999円にするなど、大幅な値下げに踏み切ることで、節約志向を強める消費者にアピールする。

 今後の出店計画については、福岡市と名古屋市、東京都西部への新規出店を検討していることを明らかにした。イケアは2006年の千葉県船橋市を皮切りに、横浜市、大阪市、神戸市、埼玉県三郷市に出店し、国内で5店を展開。いずれも地域の中心部から離れた立地で、新規出店も郊外型店舗にする考えだ。ただ「具体的な話ができる段階ではない」(ラース・ペーテルソン社長)とし、新規出店の時期や場所は未定。


=2009/07/28付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]