▼値下げ,生活

九電と西部ガス 10月も値下げへ 6カ月連続

 九州電力(福岡市)と西部ガス(同)は28日、原燃料の調達価格を電気、ガス料金に毎月反映させる制度に基づく10月分の各料金を発表した。標準的な家庭で、電気料金は9月分に比べて33円値下げの6223円、ガス料金は同30円値下げの5455円。両社ともに、料金を毎月見直す現行制度に移行した5月以降、6カ月連続の値下げ。


=2009/08/29付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]