▼値下げ,その他

高速道値下げ生かせ 観光客増へ新パンフ 県作製 140施設の特典付き

 高速道路料金の値下げを観光施設などの集客につなげようと、県が観光パンフレット「週末福岡日和」を作った。県内のホテルや旅館、レストランなど140施設で11月末まで使える特典があり、1泊2日のドライブコースも紹介している。

 パンフでは、紅葉の見どころや歴史めぐり、食事場所など目的に合わせて施設を掲載。提示すれば入園料や食事代の割引、ドリンクサービスなどの特典が受けられる。

 県国際経済観光課によると、高速道路のサービスエリア(SA)で持ち帰られるパンフレットなどは通常1カ月に約1500部という。

 だが、大型連休を含む9月19―30日、「週末福岡日和」は下り線の壇之浦パーキングエリア(山口県下関市)で1710部なくなったのをはじめ、10カ所で各千部以上が持ち帰られた。同課は「福岡に来た人は、パンフに掲載した観光地を巡ってくれると期待できるし、帰路中に持ち帰った人も次の来県につながる」と効果に期待を寄せる。

 パンフはA4判オールカラーで、全14ページ。20万部を作製し、県庁1階の県民情報センターや各地区の県民情報コーナー、高速道路のSAなどで配布中。携帯電話で各施設の詳細画面を提示した場合も特典を受けられるほか、「週末福岡日和」のホームページで特典を閲覧できる。

 11月末までにパンフに掲載してある施設のうち、3カ所で各施設にあるQRコードにアクセスすると、抽選でJTBギフトカード(1万円分)や県の季節の特産品(5千円相当)が当たるキャンペーンに応募ができる。同課(平日のみ)=092(643)3429。


=2009/10/15付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]