▲値上げ,生活

佐世保市 値上げ幅19・68%に圧縮 水道料金改正案を再提案

 佐世保市は、26日開会した12月定例市議会に、水道料金を19・68%値上げする条例改正案を再提案した。9月議会に29・35%引き上げる改正案を提案したものの議会の理解を得られず、値上げ幅を大幅に圧縮した。圧縮分の一部は一般会計から5年限定で年間2億円補てんする。標準家庭1戸当たりの月額水道料金(現行2215円)は、2010年4月から434円増の2649円に値上げされる。

 市水道局によると、値上げ幅を約10ポイント圧縮することによって生じる不足額は年間4億8350万円。2億円を一般会計からの補てんで、1億8350万円を人件費削減などによる水道局の経営努力で、残りの1億円は一般会計から借り入れる。水道局は15年度に再度、水道料金の見直しを行う予定。水道局は節水による収入源や設備の老朽化に伴う経費増など水道事業会計の悪化を受けて、9月議会に13年ぶりの料金値上げ案を提案。激変緩和で新年度から2年間は月額599円(標準家庭で試算)、12年度から同644円(同)引き上げる計画だった。


=2009/11/27付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]