▲値上げ

ガソリン 6週連続上昇

 石油情報センターは14日、レギュラーガソリンの12日現在の全国平均小売価格が、前週(5日)より1円30銭高の1リットル当たり133円20銭だった、と発表した。6週連続の上昇で、この間の上昇幅は4円50銭となった。

 原油価格が高水準で推移する中、石油元売り各社が卸価格を引き上げており、ガソリンスタンドでも値上げの動きが続いた。需要期の大型連休が近づいており、上昇が続くと消費者には痛い出費増となりそうだ。

 地域別では、45都道府県で平均価格が上昇。最も上がったのは沖縄で4円70銭高。2円以上の大幅上昇が9県に上った。

 ハイオクは全国平均で1円30銭高の144円ちょうどで、軽油は1円10銭高の112円10銭。

=2010/04/15付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]