▼値下げ,交通

政府・民主党 高速料金 再び見直し 小沢氏、参院選意識し要求

 政府と民主党は21日夜、首脳会議を首相官邸で開き、6月導入予定の高速道路上限料金制を見直す方針を決めた。小沢一郎幹事長が「公約では高速道路無料化と言っているのに、一部で値上がりするのはおかしい。有権者を説得できない」と参院選を意識し強く要求、平野博文官房長官は難色を示したが、鳩山由紀夫首相が「できるだろう。一度引き取らせてほしい」と受け入れたためだ。前原誠司国土交通相が今月9日に発表したばかりの料金制度を党側の要望で見直す異例な事態で、重要政策の決定をめぐる鳩山内閣の求心力低下が浮き彫りになった。

 見直しの方向性について山岡賢次国対委員長は会議後、抜本的ではなく、高速道路の新規建設に充てる原資を減らして割引分を手厚くし、値上げ幅を縮小する考えを記者団に示している。これを受け政府は、ほかの高速道路より割高に設定した本州四国連絡道路の上限料金引き下げや、通勤割引など利用時間帯に応じた割引の継続などを検討する見通しだ。

 政府は、前政権が手当てした料金割引の原資を高速道路の建設にも転用するための法改正案を今国会に提出。国土交通省は1兆4千億円を建設に回し、残る1兆2千億円を上限制など新料金制に充てる予定にしている。

 今後、建設に充てる予算を減らすとすれば、4車線化すると発表した上信越道などの4区間や、新規整備するとした東京外郭環状道路などの扱いが焦点となる。

 会議に先立ち、小沢、山岡両氏は国会内で会談。山岡氏は「無料化になるはずが、値上げになる(ケースが出てくる)ことについて納得できないとの意見が多い」との考えを示していた。


=2010/04/22付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]