▼値下げ,交通

ガソリン139円60銭 12週連続で上昇

 石油情報センターは26日、レギュラーガソリンの24日現在の全国平均小売価格が前週(17日)より10銭高の1リットル当たり139円60銭だったと発表した。12週連続の上昇となったが、最近の原油価格の下落を受けて元売り各社は卸価格を引き下げており、小売価格の値上がりも一服してきた。

 都道府県別では、20都道府県で平均価格が上昇。最も値上がりしたのは沖縄で1円50銭高。神奈川が1円30銭高、埼玉が1円10銭高で続いた。値下がりしたのは前週の倍以上の16県。福島と富山がそれぞれ80銭安、岩手が60銭安などとなった。

 ハイオクは20銭高の150円40銭、軽油は10銭高の117円70銭。


=2010/05/27付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]