▲値上げ,その他

田川市立病院 分娩料2万円値上げ 6月議会に条例改正案

 福岡県田川市は31日、本年度一般会計補正予算案など、6月定例市議会に提出を予定する8議案の概要を発表した。

 補正の総額は約2800万円。猪位金地区で10月から実施する乗り合いタクシーの実証実験など、公共交通対策に約980万円を計上した。

 また、市立病院での分(ぶん)娩(べん)料を値上げする条例改正案も提出する。現行では13万―18万円の料金を7月から2万円上げる。待遇改善による医師確保を目的としている。

 一方、3月議会で議会側が当初予算案を修正し、700万円から200万円に減額された「コールマイン・フェスティバル」の負担金について、市はフェスティバルの経費に充当したい考えを明らかにした。

 議会側は200万円を必要性などを調査する費用と位置付けていた。市側は「実際の経費に使えるよう、議会にお願いして理解を求めたい」と述べた。

   ◇   ◇

 田川市議会議会運営委員会は31日、6月定例会を10日開会、会期を29日までの20日間とすることを申し合わせた。一般質問は15、16日。


=2010/06/01付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]