▼値下げ,交通

ガソリン価格 12週連続下げ レギュラー133円70銭

 石油情報センターが18日発表したレギュラーガソリンの16日現在の全国平均小売価格は、1リットル当たり前週(9日)比20銭安の133円70銭だった。値下がりは12週連続となる。

 国際市場の原油相場はほぼ安定した動きで推移する中で、各地のガソリンスタンドでは小幅な値下げをする動きが続いている。石油情報センターは「ガソリン価格は横ばいの状況がしばらく続くだろう」と話している。

 平均価格は32道府県で下落。最も値を下げたのは福島県の50銭安で、北海道と兵庫県の40銭安。一方で沖縄県は20銭の値上がりで、愛知、長野、大分の3県もそれぞれ10銭上昇した。


=2010/08/19付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]