▼値下げ,交通

ガソリン小売り 17週連続値下げ

 石油情報センターが24日発表したレギュラーガソリンの21日現在の全国平均小売価格は、1リットル当たり前週に比べ40銭安の132円60銭だった。値下がりは17週連続。九州平均は、同60銭安の135円80銭だった。

 国際原油価格は安定的に推移しているが、近隣との競争が激しいガソリンスタンドを中心に、秋の行楽需要を取り込もうと値下げが相次いだ。
 平均価格は41道府県で下落。最も値を下げたのは1円10銭安の北海道と宮崎で、島根の1円安、福島、兵庫、福岡3県の70銭安と続いた。値上げをした地域はなかった。


=2010/09/25付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]