▲値上げ,その他

軽自動車は3000円値上げ 自賠責改定最終案

 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の2011年度の保険料率の改定についての最終案の全容が17日、分かった。平均11・7%の引き上げで、軽自動車は2年契約で3千円程度の値上げとなる。

 20日に開かれる自賠責保険審議会で提示され、議論を経て決着する見通し。値上げ率は車種別で異なる。事故率が比較的高い軽自動車を、自家用乗用車などより大きく引き上げる。軽自動車を所有するケースが多い地方にとって影響が大きくなりそうだ。

 最終案によると、2年契約の軽自動車の自賠責保険料(離島以外の地域で、沖縄県を除く)は、現在の1万8980円から2990円引き上げ2万1970円とする。自家用乗用車は2万2470円から2万4950円(2480円増)、ミニバイクは8790円から9420円(630円増)となる。


=2011/01/18付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]