▼値下げ,その他

シネコン 初の値下げへ 来年春から1500円に TOHOシネマズ

 シネコン最大手のTOHOシネマズ(東京都千代田区)が来年春から、全国で映画の一般入場料を従来の1800円から1500円に引き下げることが19日、分かった。学生かどうかにかかわりなく18歳以上を一般料金とする一方、18歳未満の料金は千円に統一する。

 大手シネコンで初の本格的な値下げで、映画観賞人口の伸び悩み解消が狙い。全国の映画スクリーン数の約2割を占める同社の値下げは、業界全体の映画料金にも影響を与えそうだ。

 現在、学生料金は大学高校生1500円、小中学生千円で、高校生の多くにとっては500円の値下げとなる。現行で千円のシニア料金(60歳以上)については、廃止や対象年齢の引き上げを検討するという。

 6県の6施設で先行実施。4月5日から宇都宮市と長崎市、同7日から広島市と鹿児島市、ことし春から甲府市と長野県上田市で約1年間行った後、全国に拡大する。


=2011/01/19付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]