▲値上げ,食料品

うな丼、100円値上げ

 吉野家ホールディングスは7日、夏季恒例の限定メニューとして「鰻丼(うなどん)」を11日午後3時から発売すると発表した。「並盛」などを昨年より100円値上げする。

 稚魚の不漁で養殖ウナギの出荷価格が高騰しているため。「すき家」を展開するゼンショーも既に「並盛」を100円値上げすると発表。夏ばて防止に向け、チェーン店で手軽にうなぎを食べたいところだが、財布にはやや厳しくなりそうだ。

 吉野家は「並盛」が650円、うなぎのかば焼きが2枚の「鰻(うなぎ)二枚盛」も100円値上げし、980円とする。

 「すき家」は12日午前9時から「うな丼」を発売。「並盛」が780円、かば焼きのみの「うな皿」など三つのうなぎメニューも昨年より100円アップの680~880円にする。牛丼の具とかば焼きが入った「うな牛」は70円値上げの880円。

 両社とも値上げは2年連続。かば焼きの大きさは変えず、うなぎが無くなり次第販売を終了する。今年の「土用(どよう)の丑(うし)の日」にあたる7月27日までの販売量は確保しているという。


=2012/06/08付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]