▲値上げ,その他

吉野家、脱値下げ 480円牛焼肉丼発売へ

 吉野家ホールディングスは10日、具を増量して満足感を高めた「牛焼肉丼」を13日から全国の「吉野家」で販売すると発表した。価格は牛丼並盛りよりも100円高い480円で、値下げ競争とは一線を画し、収益力向上を図る戦略だ。

 しょうゆにリンゴ果汁と昆布エキスを加えた甘辛いたれで味付けしたオーストラリア産の牛肉を焼き、ご飯にのせた。具の量は牛丼並盛りよりも40グラム多い130グラムで、ボリューム感を重視した。焼き肉にご飯とみそ汁、生野菜をセットにした「牛焼肉定食」(530円)も同時に発売する。

 同社はライバルに対抗し、牛丼の値下げキャンペーンを繰り返してきたが、回数を重ねるごとに増収効果が減少している。

 記者会見した門脇純孝専務は「当面、値下げは考えておらず、今回も低価格とは対極の商品だ」と述べ、脱値下げ路線を強調した。


=2012/09/11付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]