▲値上げ,生活

西部ガス、月5円値上げ 環境税転嫁 11月にも

 1日に導入された原油や天然ガスなどの燃料に課せられる地球温暖化対策税(環境税)について、西部ガス(福岡市)は2日、早ければ11月検針分のガス料金から課税分を転嫁する方針を明らかにした。同社によると、課税総額は1年間で約2億円。標準家庭(月23立方メートル使用)で月5円程度の値上げとなる見込みで、10月中に経済産業省に価格改定を申請する。

 環境税のガス料金転嫁は、北陸ガス(新潟市)や静岡ガス(静岡市)が既に決定し、大手都市ガス各社も実施の方向で検討中という。西部ガスの川原道憲副社長は「(課税分は)当社が負担できる金額ではない」と説明した。九州電力は電気料金への転嫁を当面見送る方針。

=2012/10/03付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]