▲値上げ,食料品

マック 九州で値上げ実験 100円バーガー→120円 売れ行きへの影響探る

 日本マクドナルドは16日、九州などの145店で定番の「ハンバーガー」を100円から120円に値上げするなど、一部商品の価格を試験的に変更したことを明らかにした。販売不振が続く中、価格変更で売れ行きにどのような影響があるか調べるのが狙い。

 実施する期間や、他の地域にも広げるかどうかなどは未定としている。

 福岡と佐賀の両県の全店と、山口、熊本、大分の3県の一部店舗で11日から変更した。ハンバーガーのほか、「マックシェイクSサイズ」と「ジューシーシャカシャカチキン」も、それぞれ100円を120円に、「チーズバーガー」は120円を150円に値上げした。

 一方で「マックフライポテトSサイズ」は210円を150円に値下げした。セットメニューなどの価格は従来通り。

 「100円マック」など低価格を武器に販売好調が続いてきた日本マクドナルドだが、2012年12月の既存店売上高は、値引きによる販促を控えたことなどが響き前年同月比8・6%減と9カ月連続で前年実績を下回った。


=2013/01/17付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]