▼値下げ,その他

パナソニックのエアコン リサイクル料金格安に 4月から1台525円下げ

 パナソニックが、自社と子会社の三洋電機製の家庭用ルームエアコンのリサイクル料金を4月1日に改定し、現行の1台当たり2100円から1575円に引き下げることが18日分かった。業界で最も安い水準となる。

 消費者が購入時に支払うリサイクル料金を引き下げて負担を軽減することにより、販売拡大を狙う。

 リサイクル料金はメーカーごとに設定できるが、パナソニックによると、これまで同水準だった。他のメーカーが料金引き下げに追随する可能性もある。

 パナソニックは、解体工程の効率化などで処理コストが減り、リサイクル料金の引き下げが可能になったと説明している。

 2001年に施行された家電リサイクル法は、消費者が家電量販店などにリサイクル料金を払い、買い替えで不要になったエアコンなどを引き取ってもらうことを定めている。

=2013/01/19付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]