▲値上げ,食料品

日本ハム8%値上げ 7月

 食肉加工最大手の日本ハムは13日、ハム・ソーセージなどの食品を7月1日から平均で約8%値上げする、と発表した。価格は据え置くが、量を減らすことで実質的に値上げする。

 原材料の豚肉や鶏肉、調理に使う植物油などの価格高騰が続いているのが主因。安倍政権の経済政策「アベノミクス」で円安が進み輸入品の価格が上昇していることから、今後も食料品の値上げが出てきそうだ。

 対象はハムなど計151品目。商品ごとに5~11%の範囲で量を減らす。主力商品の「彩りキッチンロースハム」は2グラム減らして38グラム、ソーセージ「シャウエッセン」は11グラム減らして127グラム、鶏肉の空揚げ「チキンナゲット」は15グラム減らして210グラムにする。ピザの「石窯工房マルゲリータ」は18グラム減らして185グラムにする。

 日本ハムは、2007年と08年にも商品の量を減らしたり、値上げしたりした。

=2013/05/14付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]