▼値下げ

3メガ銀 住宅金利 0.6%横並びに 三菱UFJみずほ追随 固定3年引き下げ

 三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は6日、固定型3年の住宅ローンの最優遇金利を年0・6%に引き下げることを明らかにした。三井住友銀行が先行して0・6%に引き下げたことへの対抗措置とみられる。消費税増税前の駆け込み需要が見込まれる住宅ローンで3メガバンクの顧客争奪戦が激しくなりそうだ。
 
 大手3行は、長期金利に連動するとされる固定型10年を5月から0・2%引き上げ年1・6%とした。さらなる金利上昇への警戒から固定型を検討する人が増えており、3行は長期金利に連動しない1~3年の短期の固定型の金利を、変動型の最優遇金利(0・875%)を下回る水準まで思い切って引き下げて顧客の取り込みを狙う。
 
 三菱UFJは7日から、固定型3年を0・6%(5月末時点の発表時は1・5%)に下げるほか、固定型1年を0・5%(同1・3%)とする。申し込みの受け付けは9月30日まで。
 
 みずほは10日から、固定型3年を0・6%(同1・2%)、固定型2年を0・55%(同1・1%)とする。7月31日まで受け付ける。
 
 三井住友はすでに3日から固定型3年で0・6%の最優遇金利の適用を開始した。同行は企業や個人への融資を増やした金融機関に日銀が年0・1%で資金を供給する「貸出支援基金制度」を活用する。
 
 三井住友は新しい金利での貸出総額の上限を1千億円に設定。みずほも1千億円をめどとしており、両行では申し込みが多かった場合、期限前に受け付けが終了となる可能性がある。三菱UFJは貸出総額の上限を設定していない。


=2013/06/07付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]