▲値上げ,交通

変動運賃上限引き上げ ピーチ国内6路線、最大8000円

 関西空港を拠点にする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは24日、変動する運賃の上限の金額を国内6路線で引き上げると発表した。ピーチの搭乗券はインターネットなどで予約する仕組みで、運賃は空席状況によって変動する。

 連休などの繁忙期に搭乗すると、路線によって現行より1900円から8千円高くなる可能性がある。繁忙期は利用の希望者が多いため、上限を引き上げても集客力を維持できると判断した。

 7月1日の午前9時に購入する搭乗券から適用される。

 運賃の上限が高くなるのは、値上げ幅が大きい順に関西と札幌(新千歳)、那覇、仙台、鹿児島、長崎、沖縄県の新石垣をそれぞれ結ぶ路線。札幌便の上限は8千円引き上げられ、2万7990円となる。長崎便は2500円引き上げられ、1万8390円、鹿児島便は2800円引き上げられ、2万690円に。最も安い運賃に変更はない。

=2013/06/25付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]