▲値上げ,食料品

明治が牛乳値上げ 10月 1~4% 森永、雪印も検討

 大手乳業会社の明治は23日、牛乳と成分調整牛乳を10月1日から1~4%値上げすると発表した。酪農家団体との交渉で10月から飲用向け生乳の買い入れ価格を、1キロ(約1リットル)当たり5円引き上げることで合意したのが理由という。

 値上げの対象は「明治おいしい牛乳」や「明治おいしい低脂肪乳」など計16商品。円安で包装材料や生産にかかる燃料費も上昇しており「物流合理化や製造コストの削減をしているが、自助努力では吸収できない」としている。

 明治、森永乳業、雪印メグミルクの大手乳業3社は7月1日、関東地方の酪農家団体と生乳価格の引き上げで合意。その後、全国の酪農家団体とも同様の合意をした。円安などによる飼料の価格高騰により、酪農家の負担が重くなっていたためだ。

 森永乳業と雪印メグミルクの広報担当者はともに「値上げも含めて検討している」と話した。

=2013/07/24付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]