▲値上げ,食料品

ほんだし24年ぶり値上げ

 味の素は17日、調味料「ほんだし」の家庭用商品計13種類の出荷価格を、カツオの価格高騰や円安に対応し、来年1月4日出荷分から約6~7%値上げすると発表した。ほんだしの値上げは1990年6月以来、約24年ぶりとなる。

 120グラム入りの店頭想定価格は、現行の430円前後から455円前後に上がる。3種類の商品は、価格を据え置いて容量を減らす実質的値上げを実施する。320グラム入りの容量は300グラムに減る。

 味の素によると、世界的需要拡大や漁獲規制強化の流れなどにより、カツオの調達価格は6年前と比べ約5割上昇した。同社は「企業努力だけではコスト高騰の吸収が難しい」としている。

=2013/10/18付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]