▲値上げ,交通

運賃値上げ 熊本都市バスも申請 来年4月から 初乗り150円へ

 熊本市街地を中心に運行する熊本都市バス(熊本市)は31日、路線バスの運賃値上げを国土交通省熊本運輸支局に申請した。認可されれば来年4月1日から実施予定で、初乗り運賃は現行より20円高い150円となる。同時期からの運賃値上げ申請は九州産交バス(同)、産交バス(同)に続き県内で3社目。

 対象は全26路線で、上限運賃の平均改定率は15・7%。主な区間の片道運賃は熊本交通センター‐熊本駅150円(現行130円)▽同センター‐県庁前240円(同200円)▽同センター‐富尾団地260円(同230円)‐となる。

 都市バスは民間バス会社3社が出資し、熊本市営バスの路線を順次引き継いでいる。2012年度の収支は約3億1600万円の赤字。値上げによる年間増収額は8600万円の見通し。来年4月の消費税増税分は運賃への上乗せを年内に別途申請する予定。

=2013/11/01付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]