▲値上げ,食料品

家庭用チーズ11品 雪印が実質値上げ

 雪印メグミルクは12日、家庭用チーズ11商品の内容量を6・7~12・5%減らすと発表した。価格は据え置くため実質的に値上げとなる。来年1月下旬の出荷分から順次、変更する。

 内容量削減はスライスチーズ4種類が12・5%で、「6Pチーズ」4種類が10・0%。このほかに「『雪印北海道100』とろけるチーズ」の3種類も6・7%少なくする。

 雪印によると世界的な乳製品需要の拡大や円安などで輸入チーズ価格が高止まりしている。国内では飼料の値上がりを受け、原料に使う生乳の価格が上昇している。このため「コストの上昇を、自社で吸収することが困難になった」(広報担当者)という。

=2013/12/13付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]