▲値上げ,生活

公衆電話20年ぶり値上げ

 NTTが消費税増税に伴い、2014年4月から公衆電話の通話料金を実質値上げすることが17日、分かった。10円で通話できる時間を短くする。市内(区域内)は現在、10円で1分話せるが、2・5秒短縮して57・5秒にする方針だ。

 市内通話の値上げは、1994年4月に10円で話せる時間を1分30秒から1分にして以来、20年ぶり。市外(区域外)通話は、通話時間を0・5~2・0秒短縮する方向だ。公衆電話は今年3月末時点では、ピーク時の4分の1以下の約21万台となっている。

=2013/12/18付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]