▲値上げ,交通

日航6年ぶり値上げ 国内線運賃、平均1.5%

 日本航空は26日、7月4日~10月25日搭乗分の国内線の運賃(消費税分を除く)を前年同期比で平均約1・5%値上げすると発表した。国内線の値上げは約6年ぶり。日航はこの日、2016年度までの中期経営計画も発表。円安に伴う燃料価格高騰の影響で15年3月期の連結純利益が14年3月期より約22%も減る見通しとなったことなどから、値上げに踏み切る。

 値上げ率は運賃の種別で異なる。例えば割引のない普通運賃の場合は9%程度の値上げとなる。4月1日には消費税増税も控えており、利用者の負担が重くなりそうだ。燃料価格高騰は、他の航空会社にも大きな負担となっていて、値上げの動きが広がることも考えられる。記者会見で日航の植木義晴社長は「燃料費上昇を自助努力で賄いきれなくなった」と説明した。

=2014/03/27付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]