▲値上げ,その他

福岡市、給食費値上げ 来年度 小学300円、中学400円増

 福岡市内の公立小中学校などで提供される学校給食について、市教育委員会が来年度から値上げする方針を固めたことが25日分かった。値上げは3年ぶりで、食材の価格上昇が理由。月額給食費は、小学校で300円増の4200円、中学校では400円増の5千円となる。

 市教委によると、公立小中学校の給食費は2012年度、それぞれ12年ぶりに400円値上げした。給食の食材費は全て給食費で賄っているが、12年の値上げ後、消費税が増税されたほか、国産肉や乳製品などの食材価格が上昇。12年度のメニューを直近の食材価格(昨年9月~今年7月)で用意した場合、1カ月当たりのコストは小学校で249・49円、中学校で393・52円それぞれ上昇する計算になるという。

 学校現場では昨年度から、人気のとんかつやエビフライなどが食材価格が高いこともあって提供されておらず、改善を求める声も上がっていた。市教委は「児童・生徒の成長に必要な、栄養のあるおいしい給食を提供するための値上げ。理解を求めたい」としている。

=2014/11/26付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]