▲値上げ,食料品

輸入小麦6万円台に値上げ

 農林水産省は26日、ことし4月期(4~9月)の輸入小麦の政府売り渡し価格を、主要5銘柄の平均で昨年10月期から3・0%引き上げ、1トン当たり6万70円にすると発表した。為替相場が円安基調で推移し政府の買い付け価格が上昇したことなどを反映させた。6万円を超えるのは穀物の国際相場が高騰していた2009年4月期以来。

=2015/02/27付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]