▲値上げ,交通

2月1日から 熊本市電170円 九州運輸局が認可

 熊本市交通局は15日、2月1日から、市電の大人運賃(中学生以上)を20円引き上げて一律170円(小学生以下は10円引き上げ90円)とする料金改定について、国土交通省九州運輸局から15日付で認可されたと発表した。料金改定は150円の均一運賃となった2007年以来。

 通勤定期券(3カ月)は2050円引き上げて1万7440円、通学定期券(同、中学生以上)は1710円引き上げの1万4540円-などとなる。

 市交通局によると、16~18年度の運賃収入は総額約46億1千万円の見込みとなり、値上げしない場合と比較すると、9・6%増える見通し。

 同局の累積赤字は本年度末で解消する見込みだが、今後想定される経常損失を抑えるため、同局は昨年9月に運賃を値上げする方針を示していた。

=2016/01/16付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]