▼値下げ,その他

住宅ローン金利下げ 三井住友銀、普通預金も 日銀 マイナス金利16日開始

 三井住友銀行は15日、住宅ローンと普通預金の金利を16日から引き下げると発表した。日銀のマイナス金利導入決定を受け、住宅ローンと普通預金の金利を引き下げるのはともに大手3銀行で初めて。市場金利が低下していることに対応する。静岡銀行も16日から普通預金の金利を引き下げる。今後、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、他の地方銀行なども追随する可能性がある。

 三井住友銀の住宅ローン金利の引き下げは、固定金利型が対象。主力の固定型10年の最優遇金利は過去最低の年0・90%とし、0・15%引き下げる。

 普通預金金利は年0・020%から0・001%へと引き下げ、2002~06年時と並ぶ過去最低となる。普通預金の金利を見直すのは2010年9月以来、5年5カ月ぶり。静岡銀も同様に普通預金金利を0・020%から0・001%に引き下げる。

=2016/02/16付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]