▼値下げ,その他

肥後銀住宅ローン 金利一部引き下げ

 肥後銀行(熊本市)は、10年固定型住宅ローンの基準金利を年3・20%から3・15%に0・05%引き下げた。15日から導入した。日銀がマイナス金利政策の導入を決め、長期金利が低下傾向にあることを反映したという。

 引き下げは約2カ月ぶり。3年固定型や変動型の金利は据え置いた。肥後銀は10年満期の定期預金金利も8日から引き下げている。

 マイナス金利の導入を受け、メガバンクや全国の地銀では預金や住宅ローンの金利を下げる動きが広がっている。九州の他の地銀も追随する可能性がある。

=2016/02/17付 西日本新聞朝刊=

カテゴリの一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]