不安視38件中37件 オスプレイ佐賀空港配備 柳川市が意見公募結果 [福岡県]

 柳川市は、陸上自衛隊オスプレイ佐賀空港配備計画で実施したパブリックコメント(意見公募)の内容を公表した。寄せられた38件のうち37件が不安視する意見で、オスプレイの安全性や騒音を問題視したほか、佐賀空港が外国からの攻撃の標的になるとの声も上がった。

 パブリックコメントは、市が観光への影響や安全性、騒音について懸念を示した「論点整理素案」の公表直後の7月7日から今月7日まで受け付けた。全体のうち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイがオーストラリア沖で墜落した5日の事故以降に23件が寄せられ、うち13件が事故について言及していた。賛成の意見は1件で騒音が観光に与える影響について「停滞音ではなく通過音であり、最大84デシベル程度の騒音は特別問題視する必要はない」とした。

 金子健次市長は「配備計画に対する不安の声が多かったと感じている。市民の意見を踏まえ、最終的な論点整理としてまとめたい」とコメントした。市は今後、論点整理素案に市民の意見を反映させ、佐賀県と九州防衛局に提出する。

 寄せられた意見は市のホームページに掲載しているほか、市役所柳川庁舎の生活環境課で閲覧できる。

=2017/08/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]