西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「おにぎえ」が開幕 8日御神幸行列 柳川市の三柱神社 [福岡県]

三柱神社に奉納された京町三丁目の「どろつくどん」
三柱神社に奉納された京町三丁目の「どろつくどん」
写真を見る

 柳川市で7日、秋の訪れを告げる三柱(みはしら)神社秋季大祭「おにぎえ」が開幕し、県無形民俗文化財の「どろつくどん」と、着物姿の女性たちが優雅な舞を披露する「踊山」の山車計6台が市内を練り歩き、神社に踊りを奉納した。9日まで。

 祭りは江戸時代後期の1826年に始まり、街が大にぎわいするため「おにぎえ」の名がある。どろつくどんは般若やお多福、天狗(てんぐ)の面をつけた踊り手が、おはやしとともに山車から大きく身を乗り出して踊る。人の善悪や喜怒哀楽を表現しているという。

 8日はメーンの御神幸行列があり、全長600メートルの行列が午後1時に三柱神社(同市三橋町高畑)を出発し、約4時間、市内を練り歩く。9日午後4時からは神社境内でどろつくどんと踊山の「おもてなし競演会」がある。

=2017/10/08付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]