八女福島の燈籠人形がDVDに 上演や舞台裏など紹介 [福岡県]

「八女福島の燈籠人形」を記録した映像を披露する大津菜々さん
「八女福島の燈籠人形」を記録した映像を披露する大津菜々さん
写真を見る

 筑後地区の魅力を発信しているウェブマガジン「F-raise(フレイス)」が、八女市のからくり人形芝居「八女福島の燈籠人形」(国重要無形民俗文化財)の上演や舞台裏を記録したDVDを制作した。

 「F-raise」は地元高校生や高校講師らが手掛けている。DVDは社会人メンバーの大津菜々さん(21)=八女市馬場=が担当。公演1カ月前の昨年8月下旬から密着を始め、仕事が終わった後、ほぼ毎日、人形遣いやはやし方の練習に通って取材したという。

 同9月22~24日の上演期間を含めて撮影し、約12分間の映像にまとめた。特設舞台の組み立てや本番の舞台裏の様子などを収録。「上演に大勢の人が関わっていることを知って驚いた」と大津さん。「後継者不足と聞きましたが、伝統に興味を持ち、将来につながる一助になれば」と期待する。

 八女市立図書館に寄贈しており、今後、貸し出し利用ができるという。

=2018/01/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]