東さんに大川の音楽大使委嘱状 [福岡県]

古賀メロディーギターアンサンブルの演奏で熱唱する東亜樹さん
古賀メロディーギターアンサンブルの演奏で熱唱する東亜樹さん
写真を見る

 昨年の古賀政男記念音楽祭で古賀メロディー部門最優秀賞に選ばれた東亜樹さん(10)=愛知県一宮市=が1月28日、大川市の音楽親善大使に委嘱された。委嘱式と記念のミニコンサートが同市三丸の古賀政男記念館であり、倉重良一市長から委嘱状とたすきが東さんに手渡された。

 東さんは福岡市出身の小学4年生。2歳の時からカラオケボックスで歌の練習を始め、現在のレパートリーは千曲以上。プロの歌手を目指し、全国各地で年200回以上のステージをこなしている。

 市の音楽大使(グループ含む)は5組目。倉重市長は「今年はロンドンでの公演もあるとのことで、世界的にも有名になって大川を宣伝してほしい」と激励。東さんは「音楽祭での優勝を誇りに思っています」とあいさつし、古賀メロディーギターアンサンブルの演奏で「誰か故郷を想(おも)わざる」「東京ラプソディ」などを熱唱した。

=2018/02/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]