縁結びの絵馬奉納 11駅の600枚を恋木神社へ JR九州久留米 [福岡県]

絵馬を奉納する「大吉くん」こと大吉運輸課長
絵馬を奉納する「大吉くん」こと大吉運輸課長
写真を見る

 JR九州久留米鉄道事業部は9日、駅利用者の「愛の告白」を応援しようと、管内駅で集めた約600枚の「縁結び・恋愛成就絵馬」を、筑後市水田の恋木神社に奉納した。

 「お客さま応援プロジェクト」の一環で今年初めて実施。昨年12月から今月8日まで久留米駅や筑後船小屋駅、新大牟田駅など11駅で絵馬を配布した。恋木神社は「恋の神さま」を祭っており、縁起のいい名前の「大吉(だいきち)くん」こと大吉(おおよし)英高・同事業部運輸課長(44)のほか、5駅の駅長が神社を訪問し、利用者に代わって縁結び・恋愛成就を祈願した。

 神事の後、神社に絵馬を奉納した大吉課長は「線路がどこまでも続くように、縁が長続きするよう願いを込めました」と話していた。受験生の合格祈願も実施しており、各駅で28日まで絵馬を配布する。

=2018/02/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]