最後の卒業生3人が巣立つ 閉校のうきは市・姫治小の山村留学生ら [福岡県]

姫治小の思い出を語る3人の卒業生
姫治小の思い出を語る3人の卒業生
写真を見る

 うきは市の小学校再編に伴い本年度で閉校する姫治(ひめはる)小で最後の卒業式があった。地元出身の碓井朱李(あかり)さん(12)、山村留学生として1年間学んだ今泉太陽さん(12)=宗像市、松隈実咲さん(12)=佐賀県鳥栖市=の3人が旅立ちを迎え、下級生6人と地域住民に温かく見送られた。

 卒業証書を受け取った3人はそれぞれ壇上で「人に頼られる警察官」「人の痛みが分かる医師」「おじいちゃんと同じ建築士」と将来の夢を語り、大きな拍手を受けた。袋野美幸校長は式辞で「それぞれ別々の道に進むことになりますが、最後の卒業生として、姫治小で学んだことに自信を持って頑張ってください」と語りかけた。

 姫治小は1972年に新川、田篭両小を統合して誕生し、本年度までに561人が卒業した。25日午後1時半からは閉校式がある。

=2018/03/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]