西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ITサポート会社「クリエイティブジャパン」働き方改革で県表彰 在宅勤務、フレックス導入 田川市 [福岡県]

県の雇用管理改善企業・職場表彰を受けたクリエイティブジャパンの鬼丸昌広社長
県の雇用管理改善企業・職場表彰を受けたクリエイティブジャパンの鬼丸昌広社長
写真を見る

 田川市のITサポート会社「クリエイティブジャパン」が、働き方改革を実現した企業に贈られる県の雇用管理改善企業・職場表彰(よか・ろう・もん表彰)を受けた。会社と従業員の自宅との通信網を整備し、勤務時間の短縮やフレックスタイム、在宅勤務を導入。魅力ある職場づくりに成功した。筑豊地区で第1号の受賞に、鬼丸昌広社長は「女性スタッフの声を受けて形になった職場環境づくりが評価され、光栄です」と喜んでいる。

 博多弁にちなんだ「よか・ろう・もん表彰」は、働き方改革の取り組みを県内に普及させるため、県が本年度から創設。「よか」は余暇、「ろう」は労働、「もん」は者、経営者を表している。

 同社は2000年に設立。鬼丸社長によると、当初は育児休暇や結婚による離職で、予期しない人手不足や社員の負担増などの問題に悩まされた。10年に女性社員の提案を受けて、自宅からでも会社にアクセスできる仮想私設通信網(VPN)回線を整備。在宅勤務やフレックスタイムなどを導入した。

 勤務時間が柔軟な職場環境をつくって以降、育児による離職者はゼロで、育休を取得する男性社員も誕生。スキルの高い社員の流出がなく、業績も向上しているという。現在は社員9人で、うち育休中の女性社員1人は自宅で業務をこなしている。鬼丸社長は「会社は人材がすべて。社員が働きやすい場所の提供は欠かせない。今後は介護社会にも対応できる職場環境の整備に取り組みたい」と語った。

=2017/10/05付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]