西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

筑豊高生がジェラート開発 直方市ふるさと納税返礼品に [福岡県]

ジェラート作りに取り組んだ(左から)筑豊高の所村奈央さんと外村美紗樹さん、「CHICHIYA」の野崎幸子さん
ジェラート作りに取り組んだ(左から)筑豊高の所村奈央さんと外村美紗樹さん、「CHICHIYA」の野崎幸子さん
写真を見る

 筑豊高(直方市)生活デザイン科の生徒が「健康」をテーマに商品開発に取り組んできたジェラート(イタリア発祥の氷菓)4種類が完成し6日、市役所を訪れ壬生隆明市長に報告した。ジェラートは同日から市のふるさと納税の返礼品にもなった。

 ジェラートは「かぼちゃとにんじん」「黒ごまきな粉の黒蜜がけ」「小松菜&フルーツヨーグルト」「梅酢味噌(みそ)みるく」の4種類。日本の「和(わ)」を意識し「和(なごみ)ジェラート」と名付けている。

 商品開発は、生活デザイン科の課題研究として、2年前にスタート。市内の手作りジェラート店「CHICHIYA」代表の野崎幸子さん(36)が協力した。本年度は3年生の所村奈央さん(17)、外村美紗樹さん(18)ら7人が取り組み、自分たちで案を出し合い、試作を繰り返した。

 所村さんらは「直方産の野菜を使い、老若男女に愛されるジェラートを心掛けた」という。試食した壬生市長も「健康にいいものばかりで、おいしい」と高く評価した。

 価格は1個324円(税込み)を予定。28日の同校文化祭などで販売する。ふるさと納税の返礼品として40セット限定で、1万円以上の寄付を対象に4種類各2個が贈られる。

=2017/10/07付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]